50代未経験者でも正社員で入社できる職業|65歳以上可?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

50代未経験者でも正社員で入社できる職業それは…ズバリ、タクシードライバーです!!

なーんだタクシードライバーか…と思う人もいるでしょう、しかし悪い事ばかりでもありません。

最近では大学を卒業した新卒の若者が(女性まで)タクシードライバーに就職する時代なんです。

大学を卒業してまで何故タクシードライバーに!?と思う年配の方は多いと思いますが、

タクシードライバーの良い所、悪い所、全て包み隠さず分かりやすく丁寧に説明致します。

 

※本当に50代や60代未経験者でも就職できるの?とか

※どうせ労働時間が長くてキツイ大変な職業なんでしょ?とか

※求人広告に載ってるタクシードライバーの求人には月給50万円可能だとか最低給料保証が30万円保証しますだとか。色々良い事を書いてるけど本当にそんなに稼げるの?とか

※固定給+歩合給って書いてあるけど計算方法がいまいちわからない。とか

※普通自動車第2種免許(普通2種免許)を取るのは難しいのでは。とか

※地理も全然わからないのに地理試験に合格は難しそう。とか

※普通2種免許や地理試験が中々合格できなかったら、その間どうやって生活すればいいの?とか

※地方に住んでいて引っ越すのも、通勤するのも大変だからできないのでは。とか

※福利厚生とか有給休暇とかちゃんとしてるの?とか

※車の運転に自信がない。とか

※地理が苦手なのでタクシードライバーには向かないのでは…とか

※接客が苦手だから私には無理そう…だとか

※道を間違えたりしたらお客様から怒られそう。とか

※テレビ番組やニュースでドライブレコーダーの映像見たけど危ない職業なのでは?とか

※車を運転する仕事をして事故や交通違反をやってしまった時が不安。とか

※タクシー会社がいっぱいありすぎて、どの会社が良いのか選ぶのに悩む…とか

 

等々、様々な疑問があるでしょうが

全てを分かりやすく丁寧に説明していきます。

 

タクシードライバーに転職できる年齢と条件

タクシードライバーの平均年齢ってご存知ですか?

大体59歳とか60歳とかなんですよ!

50歳や60歳の未経験者でも正社員で入社できて結構な給料を稼げる職業なんて今時そうそうないと思います。

 

タクシードライバーという職業は、50歳、60歳はもちろん最低年齢21歳から(18歳ですぐ普通自動車第一種免許を取っていた場合)30代、40代でも正社員になれます。

 

嘱託社員や定時制社員であれば65歳以上でも転職可能な職業です。

タクシードライバーになる為には絶対条件が一つあります

それは普通自動車第一種免許を持っていて免許を取得してから3年以上経過していること(免停期間を除く)これだけです。

普通自動車第一種免許をを取得してから3年が経過していれば、普通自動車第2種免許の試験を受けることができるからです。

最近では新卒の大学生までタクシードライバーに就職してくる時代ですが、50代、60代、70代の年配者達が働いている職場でもあります。

 

 

タクシードライバーの勤務体系

タクシー会社によって違いがありますが、ほとんどが以下の隔日勤務日勤昼勤務日勤夜勤務の3つの勤務体系になっています。

タクシー会社は労働基準監督署が定める労働基準法に則って働かねばならないので違法残業は基本ありません。

 

隔日勤務の場合

 

隔日勤務は1日の勤務時間が総時間18時間~21時間でこのうち必ず3時間以上の休憩を取らなければなりません。

なので3時間の休憩を引くと1日の実労働時間は15時間~18時間となります。

休憩の定義は一回15分以上車が停止している事、それ以下だと休憩扱いになりません。

休憩を取るタイミングは自分で自由に決められます。

隔日勤務は1日の拘束時間が18時間~21時間と本当に長いので事故の無いように仮眠を取ったり、自分で体調管理するのが大事です。

1日働くと翌日は必ず休み(明け番)となり公休日と合わせた連休も月に3、4回程あり 1か月の労働日数は11~12日になります。明け番と公休日を合わせると1か月の休みは18日間、19日間もあります。 

隔日勤務の仕事は、慣れると休みが多くて体が楽で良いと言うドライバーさんと、一日の拘束時間が長すぎて苦手というドライバーさんの二手に意見が別れます。

隔日勤務の拘束時間は一ヶ月で最高262時間(労使協定がある場合最高で270時間)となっていて日勤昼、夜より少し短めになります。

朝から翌日深夜1時~4時くらい迄が仕事をする時間帯です。タクシー会社によって出勤(出庫)時間は異なります。

※隔日勤務は特殊な時間割なので下記の例を参考にして下さい。

 

 

日勤昼勤務の場合

日勤昼勤務は1日の勤務時間が8時間~11時間 このうち必ず1時間以上の休憩を取らなければなりません。

どの勤務体系でも休憩時間は一回15分以上取らないとカウントされません。車が完全停車しているのが15分未満で動いてしまうと休憩が取れてない事になってしまいます。

1時間の休憩を引くと、1日の実労働時間は7時間~10時間です。休憩を取るタイミングは自分で自由に決められます。

タクシー会社によって違いはありますが、1か月の規定労働日数は大体22日~24日になります。

1か月の規定総労働日数はどの会社も大体一緒ですが

4日連続働いて1日休み【4勤1休】のシフトだったり

前月までに来月分のシフトを自分で申告して決める会社もあったり

日曜日は完全に定休日にしている会社もあったり

その他まだまだ色々なシフトの会社があります。

4日連続で働いて1日休み【4勤1休】の会社や、3日働いて1日休み【3勤1休】の会社だと、必ず日曜日に出勤しなければならない日がでてきますが

外せない用事が日曜日にあったりした時には日曜日の出番を他の公休日と振り替えて休みにしてくれる会社も多くあります。

1か月のトータルの拘束時間は最長で299時間以内迄となっていて隔日勤務より多く働けます。

朝から夕方くらいが仕事をする時間帯です。タクシー会社によって出勤(出庫)時間は異なります。

 

日勤夜勤務の場合

日勤夜勤務は1日の勤務時間が8時間~11時間 このうち必ず1時間以上の休憩を取らなければなりません。

どの勤務体系でも休憩時間は一回15分以上取らないとカウントされません。車が完全停車しているのが15分未満で動いてしまうと休憩が取れてない事になってしまいます。

1時間の休憩を引くと、1日の実労働時間は7時間~10時間です。休憩を取るタイミングは自分で自由に決められます。

タクシー会社によって違いはありますが、1か月の規定労働日数は大体22日~24日になります。

1か月の規定総労働日数はどの会社も大体一緒ですが

4日連続働いて1日休み【4勤1休】のシフトだったり

前月までに来月分のシフトを自分で申告して決める会社もあったり

日曜日は完全に定休日にしている会社もあったり

その他まだまだ色々なシフトの会社があります。

4日連続で働いて1日休み【4勤1休】の会社や、3日働いて1日休み【3勤1休】の会社だと、必ず日曜日に出勤しなければならない日がでてきますが

外せない用事が日曜日にあったりした時には日曜日の出番を他の公休日と振り替えて休みにしてくれる会社も多くあります。

1か月のトータルの拘束時間は最長で299時間以内迄となっていて隔日勤務より多く働けます。

夕方から早朝くらい迄が仕事をする時間です。タクシー会社によって出勤(出庫)時間は異なります。

 

65歳以上のタクシー会社への転職|嘱託社員と定時制社員の違い

タクシー会社は65歳で定年となりますが

ほとんどのタクシー会社で定年後は1年契約の嘱託社員(契約社員)か、定時制社員【パート(勤務数が正社員の3分の2以下)】して働き続けることができます。

 

また、65歳を過ぎたあとの他業種からの転職であってもタクシー会社は65歳以上の1年契約の嘱託社員(契約社員)か定時制社員【パート(勤務数が正社員の3分の2以下)】を求めている会社が多いです。

そのくらいタクシー会社のドライバーは慢性的に人手不足なのです。

また、定時制社員は年金を貰いながら年金の支給が減らないギリギリのラインを保ちながら働くには最高の仕事のひとつでもあります。

 

タクシードライバーの給料はどのくらい稼げるの?

東京23区+武蔵野市+三鷹市のタクシー会社の場合

月収30万円~50万円以上も可能って求人広告には書いてあるはずです。

タクシー会社によっては、入社してから3か月間の最低月給40万円保証します!なんて謳っている会社もあります。

タクシー会社はタクシードライバーとして入社すると入社祝い金や支度準備金を条件付き【大体、入社後2年勤めてくれたら返済不要とかの縛りがあります。】でくれる会社が多数です。

結論から言うと、タクシードライバーで月収30万円~50万円以上も可能と言うのは本当です。

タクシー会社の給料は建前上 給料明細には固定給プラス歩合給的な内容で書いてありますが、

東京のタクシー会社のそのほとんどは タクシーに乗ってくれたお客様の売上に対する完全歩合給【完全歩合型のB型賃金】でその月その月の月給が決まります。

会社によっては【AB型賃金】と呼ばれる毎月の給料(歩合給)から積み立てをしたものを年に2回とか3回 賞与(ボーナス)として払う会社もあり、

この場合 年収ではどちらの賃金体系も同じくらいの額になりますが、完全歩合型のB型賃金とは違い、AB型賃金は賞与月以外の月収は、賞与分(ボーナス分)を給料より天引きで積み立てされるのでその分少なめになります。

未経験者でも稼げます!と言うのは嘘ではないですが、私もタクシードライバーをやろうと決めた時は、

2種免許養成【普通自動車1種免許から2種免許を取る為の養成】でタクシー会社に入って、東京の地理が全く分からない状態で地理試験を勉強しなんとか受かって晴れてタクシードライバーになったのですが、

当然ながら地理試験で勉強して合格したとはいえ地図の上での勉強であり、最初から実際にお客様を乗せて目的地まで最適なルートを通って完璧にやる事はできませんでした。

なので 当然ながら最初からベテランの運転手さんの様に稼ぐというのは難しい話です。

しかし、タクシードライバーという仕事は新人であっても会社やタクシードライバーの先輩達に教わった事とかを素直に実践していれば勝手に売り上げはついてくる物なのでそんなに心配はいりません。

未経験からタクシードライバーになった人でも3ヶ月も続けられればあとはなんとでもなる。と私が言っても納得していただけると思います。

 

そんな楽観的に言われても、これから初めてタクシードライバーをやってみようと思ってる人にとっては

”そんな簡単にできるか~!? できなかったらどうするんだ!?”って思う人は多いはずですよね!?

 

だからこそ多くのタクシー会社で、新人のタクシードライバーが仕事に慣れて稼げる様になるまでの不安を払拭する為に、

入社してから3か月間~6か月間の”最低月給40万円保証します” みたいな最低月給保証をやっている訳です。

でも多くの新人タクシードライバーは、その最低月給保証を通常の給料歩合計算で上回る人が多いからタクシー会社側もできる事なのです。

 

もしあなたが地理に不安な人であっても毎日仕事に出る度に、どんどん道を覚えていきます。

東京23区と武蔵野市+三鷹市が営業区域だと言っても全ての裏路地まで覚えなきゃ仕事ができないとかではありません。

今はどこの会社もカーナビゲーションシステムを導入していますし

カーナビ等の機械の操作が苦手な人でも会社に言えば、事前にカーナビの操作方法等も懇切丁寧に教えてくれます。

 

新人の頃は皆、こうやってお客様に伝えます。

(運転手)”ご乗車ありがとうございます。 どちらまで参りますか?”

(お客様)”〇〇ビルまでお願いします”

(運転手)”わたくしまだ新人なもので、もしよろしければ道を教えていただけますか?”

大抵のお客様はこの受け答えで快く教えてくれます。

 

もし道がわからないお客様の場合は、走り始める前に

(運転手)お客様、カーナビを設定したいのでご住所教えていただいてもよろしいでしょうか?

もしくは

(運転手)すぐ地図で調べますので少々お待ちいただけますか?

と伝え、ご住所なり電話番号なりビル名なりを聞いてカーナビを設定して目的地までお送りすれば大丈夫です。

それに今ならスマートフォンを持っていればグーグルマップという最強の地図も見れますし、わからない建造物であってもすぐ調べれられます。

 

中には

(お客様)時間がないからわからないなら他のタクシーに乗るからいい!

と仰って降りて他のタクシーに乗っていくお客様にも遭遇する事もありますが

そこはその悔しさをバネにして次に同じ場所を言われた時にはスムーズに行けるように勉強しましょう。

そんな悔しい思いをした目的地は大抵忘れません(笑)

 

私の場合で言えば、初のタクシードライバーになった時 どんなタクシー会社を選べば良いのか等、何の知識もなかったので都内でも歩率の安い小さいタクシー会社に入社してしまい、東京の地理もほとんどわからない状態で、しかも最低月収保証などなかった会社で…

最初の頃はお客様にほとんど道を教えてもらいながら仕事をして最初の月は月収28万円。

2か月目の月収は33万円

3か月目の月収は36万円

6か月目には月収42万円まで稼げるようになりました。

この数字は決して優秀な数字ではないです。

しかも、その私が最初に勤めたタクシー会社は言い方は悪いですが弱小単体のタクシー会社で、

後々知ることになるのですが、労働条件や給料控除、クレジットカード等の手数料、最悪のブラックなタクシー会社だったのです。

そこの会社ですら初心者の私がこの程度まで数か月で稼げるようにステップアップしていけました。

 

東京には沢山のタクシー会社がありますが、

最初から中堅どころの無線グループに所属している会社だとか、

東京大手4社グループのタクシー会社辺りに最初から入社していれば

私の最初の月収は絶対にもっと稼げていたはずでした。

タクシードライバー歴11年目の今の私ならその事が良くわかります。

因みに11年目の今の私の月収は月平均50万円くらいの年収で600万ちょっとです。

この数字はガムシャラにやっての数字ではありません。結構適当にやって今ではこのくらいは稼げるようになりました。

 

話が横にそれてしまいましたが、

タクシードライバーで月収30万円~50万円以上も可能というのは本当の事です。

ベテラントップドライバーさんの中には月収80万円以上も稼ぐ人だっています。

 

タクシードライバーの給料の計算方法

タクシー会社によって違いがありますが、大まかなところは大体同じです。

タクシードライバーの給料の計算方法その1【歩率】

隔日勤務、昼日勤、夜日勤、それぞれ別の歩合率設定している会社が多いです。

例えば隔日勤務は最大歩率62%、昼日勤の最大歩率は61%、夜日勤の最大歩率は62%など

最大歩率があるって事は最低歩率もあると言う事です。

大体が、1ヶ月の税抜営業収入の総額に対する歩合率で決まりますが、ノルマの税抜営業収入(足きり)を達成できなかったら歩合率が下がったり、

税抜営業収入の増減によって小刻みに歩合率を変えている会社もあります。また、売り上げが悪くても良くても全部一律で同じ歩率の会社もあったりします。

 

タクシードライバーの給料の計算方法その2【クレジットやタクシーチケットの手数料】

タクシードライバーは何故かお客様がクレジットカードで払ったり、タクシーチケットで支払いをした場合、この手数料をドライバーの給料から差し引く会社が昔は多かったのです。

最近はこの手数料を取らないタクシー会社も増えてきましたが… いまだにこういった手数料を取るタクシー会社もあります。

 

タクシードライバーの給料の計算方法その3【精勤手当や無事故手当等】

会社によって手当の金額が違います。

精勤手当の場合

これも建前上手当となっていますが、税抜営業収入に対する歩合給から一定条件に当てはまる場合、減額控除している会社が多いです。

例えば、1か月の出番日数が昼日勤だとして基本22日のタクシー会社で、体調不良で1日休んで、1ヶ月で21日しか出勤しなかった場合に

5日を上限として1日休む毎に精勤手当1万円のうちから-2000円給料から差し引くとなっている場合

1ヶ月のうち1日休めば-2千円、5日休めば-1万円という感じで精勤手当が少なくなります。

それに合わせて実際に仕事を休む訳ですから月トータルの税抜き営業収入も減り、営業収入で変動する歩合率の場合 歩率も下がるので、

実際の給料としては、22日出たとした時の給料-1万円という計算にはならず、

1ヶ月に5日休んでだとしたら、働いた日数が17日しかない場合の月収総額ではもっと給料が目減りする場合もあります。

無事故手当の場合

例えば、無事故の場合は15,000円無事故手当を支給します。となっている場合

無事故なら減額なし

軽微な事故なら5,000円マイナス 無事故手当は10,000円【既に無事故ではないが(笑)】

重大な事故の場合は15,000円マイナス つまり無事故手当は無しという風になる会社もあります。

無線使用控除等

タクシー無線が入って仕事を得た場合に1日につき数百円とかを控除される会社もあります。

もちろん取らない会社もあります。

 

タクシードライバーの給料の計算方法その4【賞与(ボーナス)】

タクシー会社によっては年に2回または3回の 賞与(ボーナス)がある会社もあります。

それらの会社は【AB型賃金】と呼ばれる毎月の給料(歩合給)から積み立てをしたものを年に2回とか3回 賞与(ボーナス)として払う会社もあり、

この場合の月収はトータルでは同じくらいになりますが、賞与月以外の月収は【完全歩合型のB型賃金】より積み立てされてる分 少なめになります。

 

 

タクシードライバーの給料の計算方法その5【公出手当】

例えば、1ヶ月の基本出番日数22日を超えて、本当は公休でお休みの日に出勤すると公出手当という項目で給料計算されたりします。

本当は休みだった日に働いた場合の歩率が普段の最高歩率を上回るパーセンテージの歩率で給料計算されたりします。

普段は最高歩率62%だけど、公出の場合は売り上げに関係なく63%支給します

みたいな会社もあります。

 

普通自動車第二種免許の取得方法と条件

普通自動車第二種免許を取る為の条件

※普通自動車第一種免許以上の免許(準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許、大型特殊自動車免許)を所持していて、なおかつその運転経歴が3年以上経過している事。【免停期間を除く】

※新視力検査での誤差が平均2cm以下であること。

※視力検査で片眼で0.5以上、両眼で0.8以上あること。

※色彩識別能力で、青(緑)・黄・赤 が識別できる事。

※10mの距離で90㏈の警音器の音が聞こえる事

となっています。

 

普通自動車第二種免許の取得方法

二種免許の取得方法は大きく分けて2つです。

ひとつは一発試験(運転免許センター)で学科試験と技能試験を受けて合格するか、

もうひとつは公安委員会指定の公認教習所や合宿に通って決められた時間の授業と検定を行って取得する方法がありますが、

タクシー会社に入社する場合は後者の公認教習所、合宿の場合がほとんどです。

ほとんどのタクシー会社では2種免許を取得するための養成費用(教習所代金や合宿代金)をタクシー会社の全額負担で二種免許を取らせてくれます。【2年とか3年間そのタクシー会社で勤めるのを条件とする事が多いです】

二種免許が受かるまでの間は大体1日あたり 1万円の日当を支給するタクシー会社が多いです。

昔は一発試験しかなかったのですが、今は教習所に通って取得できるので比較的取得しやすいと言えます。

 

改訂新版 第二種免許 試験に必ず出る! 実戦1570題

新品価格
¥1,188から
(2018/7/23 13:09時点)

タクシードライバーになる為の試験【地理試験】

普通自動車第二種免許を取得した後

東京23区武蔵野市+三鷹市でタクシードライバーになる為には

公益財団法人 東京タクシーセンター(江東区南砂7-3-3 TEL09-3648-5131)で地理試験を受けて合格しなければならない。

 

試験の概要
試験日 月・火・金曜日
(ただし休日、祝日及び12月29日から12月31日までと1月2日、1月3日を除く)
試験場 公益財団法人 東京タクシーセンター
受付時間 「当該指定地域に係る地理」を受験される場合は午前10時まで
「タクシー事業に係る法令、安全及び接遇」を受験される場合は午後1時まで
所要時間 各科目受験(申請)手続きから合格発表(合格証及び科目合格通知書の交付)まで概ね2時間
受験料 6,800円(各科目ごとに3,400円)

公益財団法人東京タクシーセンター公式ホームページより抜粋

地理試験にかかる費用も通常タクシー会社が負担してくれるところがほとんどです。

地理試験に1回で通る人も稀にいますが、数回受けて受かる程度の難易度はあります。

しかし、過去問題集等があるのでタクシー会社の方で試験に受かる為の覚え方は教えてくれます。

二種免許取得した時の様に地理試験を受験する日は、1日あたり1万円程度の日当を出してくれるタクシー会社が多いです。

晴れて普通自動車第二種免許と地理試験に受かったら東京タクシーセンターから運転者証(乗務員証)が交付される。(他各種必要書類と共に手数料3,660円)

 

 

地方出身者や遠方から通勤しなければならない場合

東京でタクシードライバーをやろうと思っても。流石に栃木県や群馬県、山梨県、静岡県、茨城県を含む以遠に住んでいる方が東京のタクシー会社まで電車や自家用車で通うとなると大変な労力になり、そんなの無理となることでしょう。

しかし、タクシー会社では単身の寮や中には家族寮を完備している会社がほとんどです。

当然ながら敷金礼金、更新料等は取るところはないと思われますし、単身寮では水道光熱費も家賃(3万~5万円前後)に含まれている様な会社も沢山あります。

また、電車で片道1時間~1時間半くらいの所であれば月に22日くらい出番がある日勤ではなく、

月に11出番で済む隔日勤務にして通勤の負担を減らしタクシードライバーをやっている人も数多くいらっしゃいます。

但し、ほとんどのタクシー会社で車通勤やバイク通勤を認めている会社が多いですが、電車やバス通勤の場合 交通費が出る会社は少ないです。

 

タクシー会社の福利厚生や有給休暇は!?

タクシー会社の福利厚生

会社によって多少の差はありますが、タクシー会社は福利厚生はしっかりしている所が多いです。

社会保険

労働保険

厚生年金

保養所利用時の一部会社負担

未経験者の為の一定期間の最低月給保証などがあります。

 

タクシードライバーの有給休暇について

 

タクシー会社での有給は労基法39条によって定めらた年次有給休暇を取ることができます。

有給休暇の付与日数 – 厚生労働省から抜粋

 

長期の有給休暇を取ることはどこのタクシー会社でも可能ですが、

長期の休みを取ると言う事は、その分 営業収入が減ると言う事なのでノルマ(足きり)等で歩合率が減る事も加味して有給休暇を取らねばなりません。

また、長期の有給休暇を取ったとしても社会保険等の本人負担分は支払わねばなりません。

 

車の運転に自信がないんだけど…と言う場合

 

運転に自信がない。それは技術的な意味ですか?

タクシードライバーの最重要事項は事故や違反をする事無く、お客様を安全に目的地までお送りする事です。

決してスピード飛ばしてかっ飛んて走る事ではないのです。

もちろんタクシーに乗られるお客様のほとんどは急いでいるからタクシーに乗っている場合が多いので、

(お客様)”運転手さん急ぎ目でお願いします”

と、仰るお客様も多いです。

ですが、そういう時は

(運転手)できるだけ努力します。

と返答して、安全運転に努めて下さい。

その上で、お客様がイライラしてそうなら

シフトギアをセカンドに入れてエンジンの回転数を上げれば

スピードは抑えていても急いでいる風になります。

 

仮にお客様に

(お客様)もっと飛ばせ

だとか、赤信号になりかけてても

(お客様)行っちゃえ行っちゃえ!

とか言われても、その言葉は無視して安全運転をしていればOKです。

仮に脅される様な言動をされたとしても

タクシーにはドライブレコーダーが付いていて全てのデーターは記録されています。

なので、後から全ての音声・映像は確認できますのでドライバーさんは心配しないで安全運転に徹して下さい!

 

 

地理が苦手でもタクシードライバーの仕事はできる?

私が身をもって経験してきた事なので断言できますが

できます!!

私だけではなく多くの地方出身者であったり

東京の地理が全く分からない状態で他業種からタクシードライバーになってベテランドライバーさんになってきた人を数多く知っています。

むしろ、毎日仕事でどんどん新しい道を覚えていかない方が難しいと思います。

仕事をしていれば勝手に道は覚えます。

さらに後で自分が分からなかった通り道を今の時代であればスマートフォンのグーグルマップなどで簡単に復習する事ができますので

向上心を持って地理を覚えようとしていれば

タクシードライバーを半年もやっていれば、地理が苦手で、、、とは言わなくなってくると思います。

 

前記で書いている タクシードライバーの給料はどのくらい稼げるの? の章でも書きましたが、

地理に不安な人であっても毎日仕事に出る度に、どんどん道を覚えていきます。

東京23区と武蔵野市+三鷹市が営業区域だと言っても全ての裏路地まで覚えなきゃ仕事ができないとかではなく、

今はどこの会社もカーナビゲーションシステムを導入していますし

機械が苦手な人でも会社に言えば、事前にカーナビの操作方法等も懇切丁寧に教えてくれます。

 

新人の頃は皆、こうやってお客様に伝えます。

(運転手)”ご乗車ありがとうございます。 どちらまで参りますか?”

(お客様)”〇〇ビルまでお願いします”

(運転手)”わたくしまだ新人なもので、もしよろしければ道を教えていただけますか?”

大抵のお客様はこの受け答えで快く教えてくれます。

 

もし道がわからないお客様の場合は、走り始める前に

(運転手)お客様、カーナビを設定したいのでご住所教えていただいてもよろしいでしょうか?

もしくは

(運転手)すぐ地図で調べますので少々お待ちいただけますか?

と伝え、ご住所なり電話番号なりビル名なりを聞いてカーナビを設定して目的地までお送りすれば大丈夫です。

それに今ならスマートフォンを持っていればグーグルマップという最強の地図も見れますし、わからない建造物であってもすぐ調べれられます。

最初はお客様が先生になってくれます。

後は自分がどれだけ道を覚える事に意識を向けて吸収していくかだけです。

初乗務の初心者タクシードライバーでこんな拙い仕事ぶりでも、初月から月収40万円近く稼いでくる新人ドライバーさんだって沢山います。

やはり先ほどの章にも書きましたが

中には

(お客様)時間がないからわからないなら他のタクシーに乗るからいい!

と仰って降りて他のタクシーに乗っていくお客様にも遭遇する事もありますが

その悔しさをバネにして次はスムーズに行けるように勉強しましょう。

 

 

人と会話をするのが苦手なのにタクシードライバーはできるか?

タクシードライバーの接客の基本は

後方、左後方の安全確認をしてからお客様にも注意しドアを開ける。

 

大きい荷物がある場合はトランクを使うかどうか尋ねて、使うならトランクサービスをする。預かる際に荷物の個数を確認する。

交通の往来が激しすぎて運転席から降りることができずにお客様が自分で荷物をトランクに入れてしまって乗車してきた場合は、

”トランクサービスできなくて申し訳ございません。交通が激しくて降りれませんでした。”と伝える。

 

まず、挨拶と乗車のお礼をする

”こんにちはー!ご乗車ありがとうございます。”

 

お客様が完全に乗ったのを確認してから

お客様にドアを閉めても良いか声掛けして

”ドアを閉めても宜しいでしょうか?”

OKの返事が出てからドアを閉める。

 

目的地の確認をする

”どちらまで参りますか?”

目的地の復唱をする(色々な区や市で同じ町名がある場合や不確定要素がある行き先の場合は確定できる聞き方をする)

”渋谷区猿楽町で宜しいでしょうか?”

とか、”青葉台は横浜の青葉台でしょうか?” 等

 

コースの確認をする

”ルートはどの様に参れば宜しいでしょうか?”

(お客様)”六本木通りをまっすぐいって渋谷二丁目を左、代官山の猿楽小学校裏を右で”

 

コースの復唱をする(現在地六本木交差点渋谷向きだとする)

”六本木通り渋谷2丁目交差点を左折して並木橋の交差点を越えて、猿楽小学校裏の交差点を右ですね?”

 

エアコンの調整等の希望を聞く

”車内の空調は大丈夫でしょうか?ご希望ございましたらいつでもお申し付けください。”

 

道中の要所要所でのコースの再確認

(上記例の場合 渋谷2丁目交差点直前で”次の信号を左ですね!?” 猿楽小学校裏直前で”次の信号を右ですね!?” みたいな感じで )

 

目的地近くに来たら更に詳しい停車場所を確認 (”この先はどの辺りにお停めすれば宜しいでしょうか?” みたいな感じ)

詳しい停車場所を確認したら、それを復唱する。

目的地に停車しシフトギアをパーキングにいれてから

お礼と共に合計金額を伝え、支払方法を聞く

支払いが終わったら

降りる前にもう一度お礼を言い、忘れ物の無いように声掛けをする。この時にトランクサービスがある場合は自分がトランクを開けますと伝える

後方、左後方の安全を確認してからドアを開け、段差等あれば 足元に段差がございますのでお気をつけ下さい。等声掛けをする。

ドアを閉める前にもう一度大きな声でお礼をする。(トランクサービスがある場合は預かっていた荷物全てを渡し終えたのを確認してからお礼をする。)

 

基本はこんなものだと思う。色々なパターンがあるけれど安全確認同様、目的地やコースの復唱や再々確認などはとても重要です。

 

本題はここから、人と会話するのが苦手なのにタクシードライバーはできるか?でしたよね!?

上記の接客のやり取りはタクシー業務をやる為に必要な最低限の会話で、世間話等はしてません。

最低限のお客様との会話は

エアコン調整等の希望を聞いた後くらいに

今日は暑いですね~!とか 今日は風が凄いですね~とか 今日は天気が良いですね~とか

そんな会話だけでOKです。

(お客様)そうですね~!で終わることも。

むしろタクシードライバーとの会話は最低限で良いって思っているお客様は結構多いです。

世間話が大好きなお客様の場合は会話がどんどん発展していく場合が多いですが、

自分は会話が苦手と思うなら、

相槌で はい とか

へぇ~そうなんですね~!

あ~すみません私わからないです。

知らない話をしてもらったら

へぇ~知らなかったです。今日はひとつ勉強になりました~!

で済ませれば全然OK

簡単でしょ?(笑)

 

会話が苦手でも話の広げ方は簡単です。

え~すごーい!

とか、

なんでですか?

とか、

どうやってやるんですか?

とか、

素晴らしいですね!

とか、

これでお喋り好きなお客様も気分良く話を出来るはずです。

 

ですが、タクシードライバーの中にも世間話好きが沢山いて、

逆に会話で大失敗してお客様を怒らせてしまう様な話をしてしまうドライバーさんもいます。

政治の話とか、野球やスポーツ、宗教の話、

これらはドライバー側とお客様側の支持や贔屓にしているのが違う場合に衝突する場合があるので注意が必要です。

 

 

もし道を間違えてしまったらお客様に怒られそうで不安なんだけど…

そうですね。あらかじめルートをちゃんと確認してた上で道をうっかり間違えてしまったら…

まぁそんなのは良くある事ですよ(笑)

ヨクアッチャイケナイカ(笑)

でも、99%間違えないで仕事してたとしても必ず間違いをやってしまうのが人間です。

そんな時はどうしたらいいか。

まず素直に謝りましょう!

”すみません! お客様道間違えちゃいました!!! ごめんなさい!!”

そして最短で違反もなく目的地に行くにはどうしたらいいのか考えベストであろう迂回路を考えて

例えば

”この道はUターン禁止なので、この先1つ目の信号を右折すればUターン可能なので、すぐUターンして戻ります!!本当にすみません!!”

 

”お客様本当に失礼いたしました。迂回した分は料金引かせていただきますので”と言い、

これでお客様が納得してくれた場合には、仮に迂回した分が500m程度だったなら爾後メーター(約200m毎)80円×3=240円  タクシーのメーターが730円だったら

”お客様、500円だけいただけますでしょうか? レシートの値段は730円になってしまいますが大丈夫でしょうか?”

私の場合大抵キリの良い数字で言う。

それでお客様がOKを出してくれたなら500円だけ貰って

”すみません、ありがとうございました。本当にすみませんでした。” と終えれられればセーフです。これは現金でのお話。

 

お客様のお支払いがクレジットカードやICカード(スイカ、PASMO、ID、QP)だった場合は現金で240円キャッシュバックすれば良いと思う。

 

間違えたことで自分がその240円を会社に帰った時自腹で納金しなければならないのですが

それは勉強代と考えて、次はミスしないように自分への戒めとして受け止めましょう。

240円を損した様に思うでしょうが、240円のうち60%は給料の時帰ってきますので

この場合の勉強代は96円で済んだ計算になります。

 

テレビ番組やニュースでタクシードライバーへの暴行映像を見た事あるけど大丈夫?

え~~ 大丈夫ではないと思います(笑)

でも、11年タクシードライバーやっててああいう目にあったと聞いたことは周りの運転手さん達に聞いても1000人にひとりって言うくらいの確率じゃないかな。と思います。

私も過去に1回だけ、何もないのにいきなり暴れだした若い20代の男がいましたが、実際に手を出された訳ではなく運転席後ろのアクリル製の防護版をいきなり渾身のパンチで殴り続けた頭のおかしい客がいた事はありました。

その時は当然最初は うわっなんだなんだ!?!? とビビり、

そのうち腹が立ってきて(私は何もしてないから)

一緒に同乗していた彼女らしき人が ”ごめんなさい おいくらですか?”といってお金を払ってくれて、そそくさとその暴れている男を連れて降りていきました。

 

本来であれば100%勝てる案件でドライブレコーダーにも一部始終は映っているので、そのまま警察に行って器物損壊罪として事件にしてもいいのですが、

タクシードライバーをやってみれば分かる事なのですが、調書を取ったり色々警察でやってると1時間とか1時間半とかあっという間に過ぎてしまうので

面倒くさいし、こっちが殴られたとか物を壊されてしまったなら100%警察に行きますが、

腹立たしいけどその時はそのまま仕事に戻りました。実際には警察行っても良い案件ですが…

11年で1回… これをどう捉えるかですが、中にはそんなのもいた事はありました。

 

 

タクシードライバーで事故や交通違反をしてしまった時

乗務中の事故の対応方法

上の写真の様に酷い事故もそうなのですが

仮に自転車と自分のタクシーが軽く、本当に軽くフェンダーミラーに自転車に乗っている人の肘がちょんと触れただけで

その場では自転車は何事もなく去って行ってしまった。

その時にタクシードライバー側は警察に届け出る訳でもなく通常の営業に戻ってしまって

その後、相手の自転車の人がひき逃げだとして警察に届け出てしまうと

タクシードライバー側はひき逃げ犯として扱われてしまう事があります。

 

さらにもう一つの例でいうと

自分が優先道路を走っていて、左の路地から自転車が飛び出してきたので

タクシーは急ブレーキをして、ギリギリ衝突しないで済んだが、自転車の方は転んでしまった。

しかし、ケガは無かった様なので そのまま通常の営業に戻って行った。

この場合

ぶつかってないし、向こうが飛び出して勝手に転んだんだから

自分は何も悪くないって思うでしょうが、

この場合もやっぱり警察には届けるべきなのです。

この場合でも、ドライバーがその場を立ち去ってしまうとひき逃げ扱いにされてしまうケースも多々あるのです。

 

めんどくさいなって思う事でしょう

しかし、後でドライブレコーダー等で証明はできるとしても

まずは、事故もしくは事故に近い状況が起こったら事故相手の救護をします。(今回の場合はどれも軽微な事故だけど だいじょうぶですか?ケガはないですか?等)

相手が大丈夫だと言って立ち去ってしまっても自分は必ず110番して警察を呼んで事情を説明し調書を取ってもらうようにしましょう。

 

事故、もしくはそれに近い状況に遭遇した時にする優先順位

  1. 事故相手の救護(実車中であればお客様にもケガが無いかを聞く)
  2. 119番(ケガ人が時は救急車を呼ぶ)
  3. 110番
  4. (実車中の事故の場合は運送の中断にあたるので、乗っていたお客様からは料金は貰わずに、他のタクシー引き継いで貰う。また、念のためお客様の名前と連絡先も聞いておく)
  5. 会社に事故の報告の電話
  6. 警察から調書もしくは現場検証を受ける
  7. 全て終わったら会社に電話報告をしてその後の支持を受ける

自分を守る為にも事故もしくは誘発事故にあたりそうな場合には110番をして警察にきてもらいましょう。

 

交通違反をしてしまった場合

タクシードライバーをしていて一番やってはいけない違反が駐車禁止違反や駐停車禁止違反、それとスピード違反(一発免停喰らう事)です。

何故かというとこの違反案件はタクシー会社にも迷惑が掛かるからです。この違反の場合は会社に捕まった旨を伝えなければいけません。黙っていても後々会社に連絡が入るのでバレます。

勿論 運転免許で仕事をしている訳ですから、どの交通違反もやってはダメです。

免停を喰らえば一銭も稼げない訳ですから…

常日頃から交通法規を遵守する様に心がけて下さい。

 

タクシードライバーあるあるですが、交差点直近左折レーンで乗車の申し込みがあって、そのお客様に”直進して下さい”と言われて。左折レーンからそのまま直進してしまって警察に捕まった

なんてパターンは非常に多いです。

 

お客様に言われても、その場合には”ここからは直進できないので一旦左折して迂回する事になりますが宜しいでしょうか?” と聞かなければなりません。

”ここは直進できないから他のタクシー乗って下さい” と言ってお客様を降ろしてしまうと、これは乗車拒否案件にもなってしまいます。

 

 

数あるタクシー会社、一体どの会社が良いのかわからない。

自分のやりたい仕事のスタイルはどれか!?

業界トップクラスのタクシー会社でお金をガッツリ稼ぎたいのか!?

それとも

中堅どころの大きいタクシーグループ会社でちょっと緩く働きたいのか!?

それとも

小規模のタクシー会社でも良いから自由に働きたいのか!?

 

 

長い記事を最後まで読んでいただいて誠にありがとうございます。

タクシードライバーの仕事の事をある程度はご理解頂けたでしょうか?

他業種からの転職はとても勇気がいる事ですよね、

しかし、40代、50代からであっても正社員で福利厚生もしっかりしてて給料も頑張りしだいではかなり稼げる職業はそう無いと思います。

いざタクシードライバーをやってみて意外とあっさり稼げちゃってビックリされてる方も少なくないです。

 

転職に向いている人 転職してはいけない人

新品価格
¥1,512から
(2018/7/23 12:45時点)

【コクヨ】履歴書用紙(大型封筒付き)A4 シン-5JN【送料無料】【配送方法は選べません】

価格:216円
(2018/7/23 12:46時点)
感想(0件)


コメントを残す

*

CAPTCHA