絶対に禁止!!ハザードランプをつけたままの車線変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当日欠勤ほとんど仮病
グッドイーブニング雲助太郎です。

絶対に禁止!!ハザードランプをつけたままの車線変更

なんで?別によくね?それがどうしたの!?って思う人…そんな貴方は要注意です!

 

道交法に照らし合わせて厳密に言うとハザードは駐停車中のみに使う合図だからです。

ハザードランプは色々な使われ方をされています。

高速道路で先が渋滞している時に後続車に注意を促す為にハザードランプをつけたり

わき道から合流する時に本線の車が道を譲ってくれたりした時に”ありがとう”の意味でハザードランプを1,2回点滅させたり

駐車場などで駐車スペースを見つけた車が今からここで駐車し始めますよ的な意味で使われる事もあります。

 

ひとつ例をあげてみましょう

貴方は今、片側2車線の右側車線を走っています。

そこでお客から手が挙がった。

貴方はお客さんが手をあげた時にハザードランプをつけながら車線変更をし徐々にスピードを落としお客さんの横で停車しようとしたその時!

後ろから走って来た一般車にオカマを掘られました。

事故になるかどうかはともかく、実際にこういう運転をやっている人もいますでしょうし、こういう運転をやっているのもよく見かけます。

何気なくやっている この中に大きな罠が潜んでいるのをご存知ですか!?

結論から言うとこの状態で後方から追突事故を貰うと…

なんと!!

ハザードランプをつけながら車線変更した車の過失割合が100%悪くなってしまうのです! なので追突した方が過失割合0%になります。

オカマを掘った方が過失割合0%だって!?そんな馬鹿な反対ではないか?って思う人も多いのではないのでしょうか?

実際にこのケースの事故でオカマを掘った側が過失割合0%で決着ついてる事例がたくさんあるのです。

今までそうやってきて事故もなかったから平気だろう…とか、そういう甘い考えは捨てた方が身のためです。

なので今回のケースから逃れる為にはこういう風にしなければなりません。

貴方は今、片側2車線の右側車線を走っています。

そこでお客から手が挙がった。

車線変更をする前にまず左ウインカーを出し、

後方と左後方の安全を確認した上で、

ゆっくり車線変更をしながらスピードを落とし、

お客様の横で停車した瞬間にハザードランプをつけて、

ドアを開く前に再度 後方と左後方の安全確認をして、

ドアを開けてお客様に御乗車してもらい、

お客様にドアを閉めて良いか確認してからドアを閉める。

行き先とルートの確認をしてメーターをいれ、

ハザードランプを消して、右ウインカーを出し、

後方と右後方の安全を確認してから発進します。

間違っても発進する時にハザードランプ消し忘れないで下さいね(笑)

 

ハザードランプは停車した瞬間に点けるもの。そして発進する時に必ず消し忘れない事

そう自分に擦り込む事が必要です。

実務裁判例 交通事故における過失割合

新品価格
¥4,428から
(2018/7/23 13:00時点)

【売り上げランキング1位】ドライブレコーダー 駐車監視対応 日本正規 ドラレコ 小型 フルHD 高画質 1080p HDR 夜間対応 衝撃感知 Gセンサー 常時録画 ループ録画 スマホで簡単操作 16GB SDカード付 LACITA Pino&Pico

価格:9,780円
(2018/7/23 13:01時点)
感想(302件)


もし良かったらいいねボタンおねがいします(*´▽`*)

コメントを残す

*

CAPTCHA